社名変更のお知らせ
「ガイアパイル東日本株式会社」は、平成29年3月14日付けで社名を「ガイアパイル株式会社」と変更いたしました。

ガイアパイルへのお問い合わせはこちら

製品情報
ガイアパイル|スーパーガイアパイル
ガイアスーパージョイント

ガイアパイル イメージ強く確かな鋼管杭に「早さ」という新たな魅力

ガイアスーパージョイント イメージ
ガイアスーパージョイント へ

無残土・低騒音・高支持力の回転貫入鋼管杭の中でも、高い貫入能力と建込精度を持つガイアパイル。
抗芯ズレを極小化し拡翼変形も無くす事で高度な施工精度を実現しています。
独自の杭先端形状が大きな支持力を発揮し、経済的な杭設計が可能。
砂質地盤から粘土質地盤まで幅広い支持層の選択が出来る使いやすい杭工法です。
さらに今回、溶接不要の機械式継手という新機能「ガイアスーパージョイント」が加わりました。
これまで溶接継手によって発生していた、天候による工期変更・支持力の低減・
レントゲン他各種チェック 等の多くの問題を解決し、作業スピードを飛躍的に向上させます。

国土交通大臣認定工法 ガイアスーパーパイル

実証された支持力と施工精度
2013/4/5 鋼管杭 ガイアスーパーパイルが「国土交通大臣認定工法」として認定されました。
( 認定番号 TACP-0428、0429
厳しい審議をクリアした、鋼管杭 回転貫入工法です。

認定範囲
先端地盤 先端N値 鋼管の
寸法 D
拡翼径の
寸法 Dw
最大施工
深さ
適用する
建築物の規模
砂質地盤
(礫質地盤を含む)
粘土質地盤
砂質・礫質地盤
(13≦N値≦57)
粘土質地盤
(10≦N値≦60)
φ114.3〜
φ457.2
φ300〜
φ1200
130D以下 床面積の合計が
50,000平方メートル
以下の建築物
認定書のダウンロード

溶接しない、早さという新機能

多くのメリットを持つ回転貫入鋼管杭。しかし溶接継手がコスト・スケジュールの両面で障害になっていました。
ガイアパイルが独自に開発した機械式継手「ガイアスーパージョイント」はボルトと金具によって
杭を接合するため、これまで溶接工程の為に費やしていた時間と労力を大幅に節約できます。
機械式継手の技術をもつ企業は、ガイアパイルを含め極わずかしかありません。

ガイアスーパージョイント

高精度・低コストのガイアパイル

ガイアパイル工法は細径鋼管(φ76.3〜267.4)※1の先端に
ガイアスーパーパイル工法は小口径鋼管(φ114.3〜457.2)※2の先端に
半円形の拡翼2枚と三角形の鉛直掘削刃を取り付けた、拡翼付鋼管杭回転貫入工法です。
パイル芯の偏心を極端に抑制した施工を可能にしました。

[※1] φ76.3、φ89.1、φ101.6、φ114.3、φ139.8、φ165.2、φ190.7、φ216.3、φ267.4
[※2] φ114.3、φ139.8、φ165.2、φ190.7、φ216.3、φ267.4、φ318.5、φ355.6、φ406.4、φ457.2

高い支持力・貫入能力
独自の杭先端形状は、杭頭偏心を抑止、中間層での高い貫入能力を生み出します。
上下左右対称の拡翼は軸力を地盤に均等に伝え、大きな支持力を発揮します。
この支持力により杭軸の細径化が可能になり、生産コストの抑制にも成功しています。

ガイアパイル イメージ

施工コストも削減
支持力の大きなガイアスーパーパイルは、経済的な杭設計が可能です。
地盤調査に基づき無駄の無い杭長を割り出し、さらに流通の簡素化、無駄な準備作業の省略、拡翼付先端による杭軸の細径化、
また、溶接工程の排除を実現し、施工コストも低く抑えられます。

幅広い支持層
ガイアスーパーパイルは、砂質地盤から礫質地盤(13≦N値≦57)・粘土質地盤(10≦N値≦60) まで幅広い支持層の選択が出来、
より使いやすい杭工法になりました。

騒音・残土・スペース 全てが小さく確かな施工ガイアパイル

低騒音で周辺環境に配慮
回転貫入方式で行うガイアスーパーパイル工法及びガイアパイル工法は、低騒音・低振動。
都市部、住宅密集地、建物屋内での杭施工に最適です。

無残土で自然環境を保全
新会計ルールにより、撤去時の費用も計上(現状復帰)。
セメント系の杭及び、地盤改良の撤去(処分費を含め)費用にくらべて、
鋼管杭 ガイアスーパーパイルの場合、1/2〜1/8の費用ですみ、なお撤去した鋼管杭は
100%再利用、再生、リサイクル。撤去時も掘削しない為、無残土です。
残土処分に必要な大型車両を使用しない為、CO2の削減に大きく貢献します。

小さく高性能な施工機械で省スペース化
ガイアスーパーパイル及びガイアパイルの施工に必要なのは小型杭打機のみ。
プラント設備などは不要な為、極めて省スペースでの施工が可能です。
機械は小型ながら高トルク。狭い搬入路・現場、上空制限のある現場(工場)など、
限定された施工条件に対応します。杭材も小型トラック(2〜4t)で搬入が可能です。

確実な打止め管理
ガイアスーパーパイル及びガイアパイルは、施工回転トルク値を管理値とする
独自の打ち止め管理方式により確実に打ち止めます。


保有施工機械一覧

■ 保有施工機械
番号 メーカー名 施工機械名 最大トルク 整理番号
1 大和機工株式会社 ATOMIC EXE AE-08 40kN・m  
2 株式会社エーコー MURUS DRIVER MD-120 120kN・m 1号機
3 株式会社エーコー MURUS DRIVER MD-120 130kN・m 2号機
4 株式会社エーコー MURUS DRIVER MD-120 130kN・m 3号機
5 株式会社エーコー MURUS DRIVER MD-120 130kN・m 4号機
6 株式会社エーコー MURUS DRIVER MD-250 250kN・m 1号機
7 株式会社エーコー MURUS DRIVER MD-250 280kN・m 2号機
8 株式会社エーコー MURUS DRIVER MD-250 300kN・m 3号機
9 日本車輌製造株式会社 DHJ25-5SP 330kN・m  
         
■ 発注契約済施工機械
番号 メーカー名 施工機械名 最大トルク 納入予定日
1 日本車輌製造株式会社 DHJ25-5SP 400kN・m 平成29年10月下旬
2 株式会社エーコー MURUS DRIVER MD-35(0.8)
W:1740 D:5327 H:5574(最小H:2000)
76kN・m 平成29年10月下旬
3 日本車輌製造株式会社 DHJ45-5SP 580kN・m 平成30年12月